お茶の効能

お茶は古来中国で薬として用いられてきました。そして日本に伝来し、一部の僧侶や貴族で楽しまれていた。

鎌倉末期には茶道として武家階級に広まり、やがて江戸時代には一般に広がっていき人々の喉を潤してきました。

近年ではペットボトルや缶になったお茶を、自動販売機・コンビニで手軽に買うことができ、
種類も豊富に楽しむことができます。時代が変わるにつれ、お茶も形を変え、楽しみ方も変わってきました。

そんなお茶を新たな視点で見つめなおし、季節や様々なシーンに合わせてお茶をより楽しんで頂けるようご提案いたします。

  健康

お茶は、多種多様な成分を含み、健康にも役立つ様々な効果をもっている飲み物です

渋み、苦み、旨みなどの独特な味わいをもつ緑茶には、
人間の健康によい影響を与えるとされる成分が多く含まれており、実に多様な効果・効能があります。
また花粉症に効果のあるお茶も。

カテキン → 血中コレステロールの低下・体脂肪低下作用・がん予防抗酸化作用・虫歯予防・抗菌作用
ビタミン → ビタミンB2・ビタミンC・葉酸・β-カロテン・ビタミンE
サポニン → 抗カビ・抗炎症・抗アレルギー・血圧降下・肥満防止・抗インフルエンザ
その他 → フッ素・γ-アミノ酪酸(GABA)・ミネラル・クロロフィル

  美容・ダイエット

お茶は、美容・ダイエットにも最適な飲み物です。

お茶は多くのビタミンを摂取しやすいため、お肌の調子を整えたり、利尿作用による体内の老廃物排出や、抗酸化作用でアンチエイジングに効果も。

食事とともに摂取することで、カテキンが体内に脂肪が吸収されることを抑えるため、体脂肪の低下につながります。

  癒やし

お茶は香豊かな飲み物です。

お茶は、加熱することでアミノ酸と糖類が反応して、火香(ひか)という香ばしい香りが生成されます。

玉露や高級煎茶などの高級茶では、加熱によってビタミンUを生成します。
高級茶の火香に特有な“青海苔”のような芳香は、ビタミンUが分解したときに出る香りです。

ほうじ茶の場合、焙煎過程で火香である加熱香気成分が多く生成され、香ばしい風味となります。

烏龍茶や紅茶では、摘採後の発酵過程で香りの成分が形成されます。

鉄観音の果実のような芳香、さらにダージリン紅茶のマスカットフレーバー、 高級紅茶にみられるバラの花や果実のような甘い芳香など。

こうしたお茶の香りには、人の心をリフレッシュしたり、ストレスを解消したりする、いわゆるアロマテラピー的効果があります。

この投稿文は次の言語で読めます: 英語